金ブン通信
    
 


イズミヤの商品券
敬老の日のお祝いにと、町内会から商品券をもらった。
66歳なのでりっぱな老人なのだが、敬老の日にお祝いされると、歳を取ったことを自覚してしまう。

94歳の父親も同じ千円の商品券をもらっているのだが、ちょっと申し訳ないような気にもなる。

近所の人でひとり、まだ受け取りたくないという60歳代の人がいる。
まだ、若いというこだわりがあるのだろうか。

高齢化社会なのだから、70歳からでも良いと思うのだが、頂いたものは遠慮なく使わせてもらう。


(令和元年9月19日)
                  ※BGMは「若葉のころ」 by ビージーズ
 

 

 


令和元年9月21日更新

金ブンブログ 他人の眼


 

 

 




 

Copyright c 2002 Kanabun All Rights Reserved.